阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

公開日: 更新日:

「開幕で大コケしていなければ……」

 こう思うファンは少なくないだろう。

 阪神は26日、本拠地・甲子園で中日にサヨナラ勝ち。開幕から貧打にあえいできた打線は2018年以来の5戦連続2ケタ安打をマーク。甲子園ではこの6月、10勝1敗と圧倒的な強さを誇る。

 開幕から17戦1勝と歴史的低迷に陥りながら、チームはこれで34勝38敗2分け。最大16あった借金は4に減り、3位広島とは2ゲーム差。Aクラス入りも射程圏内だ。

 昨季は優勝こそ逃したものの、開幕から首位を独走、ヤクルトと最後まで優勝を争っての2位。今季もチーム防御率はリーグトップの2.75を誇るなど、戦力はリーグトップクラスといっていい。開幕当初のように大コケするチームでないことは確かだ。

 そんな中、低迷を招いた一因に、「矢野監督に対するフロントの低評価」を指摘する声がある。阪神OBが言う。

「親会社とフロントは昨年、3年契約が満了した矢野監督に1年契約を提示。矢野監督は今季に懸けると、キャンプイン前日に今季限りでの退任を表明した。しかし、その実、フロントは必ずしも矢野監督を高く評価していたわけではない。前任の金本知憲監督との待遇の差は明らかです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ