渋野日向子に何が…スイング改造で自信喪失、“壁ドン”パットも影潜め全米女子プロ途中棄権

公開日: 更新日:

 通算5アンダーのチョン・インジ(27=韓国)の優勝で幕を閉じた今年の全米女子プロゴルフ選手権。日本勢は畑岡奈紗(23)が同1アンダー5位、笹生優花(21)、西郷真央(20)ともに同4オーバー30位だった。

 残念だったのは、渋野日向子(23)が大会3日目のラウンドを前に姿を消したことだ。前日は序盤に3連続バーディーで通算3アンダーまでスコアを伸ばし、15位から2位タイまで浮上。しかし、その後は別人のようなゴルフで急降下し、3オーバーでギリギリ予選を通過。巻き返しが期待された3日目は、日米ツアー通じて初の途中棄権となった。

 今回は初日から体調が万全ではなく、「連日の暑さで疲労が残っており、大事をとる」(関係者)との理由で、ラウンド後は取材対応や練習もせずに宿舎に戻っていた。2日目の「急降下」も理解はできるが、そもそも渋野はここまでの成績自体が「ジェットコースター」みたいなものだ。

 実質プロ1年目の2019年は国内で初勝利を含む4勝をあげ、獲得賞金も2位。全英女子オープン(OP)で日本勢では42年ぶりのメジャー優勝を遂げ、国内の女子プロ界は渋野人気に沸きに沸いた。そのまま女王の座に君臨するかと思われたが、コロナ禍に見舞われた20年から苦悩が始まる。同年は試合数が激減し6大会で優勝なしの予選落ち2回。海外でもスコティッシュOPと全英で予選落ちしたが、12月の全米女子OPでは優勝を争っての4位という好成績を残すのが渋野らしいところ。

 コロナ禍が続く21年は、オフから取り組むスイング改造の影響で成績は振るわず、10月のスタンレーレディスで2年ぶりの優勝に流した大粒の涙がそれまでの心情を物語っていた。今季から主戦場を米女子ツアーに変え、改造したスイングも安定。新たなシブコが見られるかと思いきや、「浮き沈み」が続いているのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平