国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

公開日: 更新日:

 今季の女子ツアーは38試合。人気低迷の男子ツアーは25試合だが、そのうちのひとつが、選手自らが立ち上げた今週の大会(JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品)だ。賞金総額5000万円で優勝賞金は1000万円。

「金額は多くはないですが、試合があるだけ幸せです」と多くのプロが言う。

 そこへいくと、まさにバブルなのが、同じく23日に開幕した女子のアース・モンダミンカップだ。国内最高の賞金額(総額3億円)を誇り、優勝は5400万円。3位でも単独なら2100万円を手にし、男子の優勝賞金の倍以上だ。

 この大会には4ホールあるパー3にホールインワン賞として700万円と800万円(複数均等割り)の賞金がかかっている。決勝ラウンドではパー5(1、8、14、18番)のイーグルと、3日目、4日目のベストスコアにも各100万円(複数均等割り)が出る。ちなみに、賞金はないが初日のイーグル(18番)は安田彩乃一人だった。

 首位の山下美夢有に1打差の7アンダー2位と好スタートを切った稲見萌寧は、3位に終わった前週の最終日にホールインワンを出している。今週、2週連続でホールインワンを出し、週末にイーグルとベストスコア賞も獲得すれば、それだけで男子の優勝賞金に匹敵する“ボーナス”を得る可能性がある。さらに今季2勝目となれば合計6400万円となり、成績による獲得賞金額は今季17試合で約1億2345万円。男子プロからすれば羨ましい限りだが、稲見に限らず、国内ツアーの女子プロが高額賞金に見合うだけの実力があるかどうかは、別問題である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ