“投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

公開日: 更新日:

 たったの4球で二軍行き、いや、これが最後になるかもしれない。

 巨人井納翔一(36)が23日、登録を抹消された。22日のDeNA戦に1点リードの五回無死一塁から2番手として登板。4連続ボールで四球を与え、1死も取れずに降板を告げられた。前回登板となった11日の楽天戦でも、打者5人に3安打1四球で1死しか奪えなかった。原監督の堪忍袋の緒が切れたということだ。

 井納は2020年オフにDeNAからFA移籍したものの、1年目の昨季は5試合に登板し、0勝1敗、防御率14.40。2年目の今季も4試合で0勝0敗、同4.50と、巨人では勝ち星がない。

「宇宙人」と評される井納は、早期降板の指示にマウンド上で不満そうな表情を見せたものの、今季は年俸1億円の2年契約2年目。この試合を「ニッポン放送ショウアップナイター」で解説した元中日監督の谷繁元信氏は「あの状態だと、一軍で投げるのはもう厳しい。今の4球投げた姿を見て(原監督は)これはもう無理だと判断したんだと思うんです。今日というか、これは井納の野球人生が終わりに近づくような4球だったと思います」と辛らつにコメントし、ネット上を騒然とさせた。

 谷繁氏が言うように、このまま「戦力外」となりそうである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平