ヤクルト村上が満塁弾含む2本塁打6打点の大暴れ! 五冠&リーグVで来季年俸は4億円攻防に

公開日: 更新日:

 手がつけられないとは、このことを言うのだろう。

 ヤクルト村上宗隆(22)が23日の中日戦で満塁弾、2ランの2本塁打を含む4安打6打点の大当たり。チームは10対0で圧勝し、貯金を今季最多の23、2位巨人に10ゲーム差とした。

 村上は交流戦でMVPを獲得した勢いそのまま、リーグ戦再開後の6試合で打率.462、4本塁打、9打点と絶好調。今季はここまで全68試合に出場し、リーグ断トツの23本塁打、62打点をマーク。打率も同2位の.314まで上昇、2004年の松中信彦(ダイエー)以来の三冠王を視野に入れている。

 加えて、出塁率.443もリーグトップ。チームが連覇を達成すればMVP受賞も確実で、「五冠」達成もありうる。

 そこで気になるのが今年の契約更改だ。優勝した昨季は本塁打王、MVPの二冠を獲得し、年俸1億円から2.2倍増の2.2億円でサイン。高卒5年目野手の年俸では、あのイチロー松井秀喜を超えた。

「イチローは高卒6年目で2.6億円。村上がこれを大きく上回るのは確実です。昨年は2~2.5億円あたりの攻防だったそうです。いくら22歳と若いとはいえ、今やプロ野球の顔になりつつある。圧倒的な成績を残せば今年は4億円に乗るかどうかが焦点になるのではないか」

 とは、放送関係者だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?