南野拓実の仏1部モナコ移籍は正しい選択か? 地元メディアは「移籍金25億円お手頃価格」と歓迎

公開日: 更新日:

 英プレミアのリバプール所属の日本代表FW南野拓実(27)の移籍問題が決着した。英公共放送BBCなどが「仏1部で昨季3位のモナコに移籍金25億円で移籍する」と一斉に報じたのである。

 南野の昨季成績は公式戦24試合.10得点。FA杯とカップ戦優勝の原動力となった。しかし1月のコロンビア代表FWディアス加入でFW陣序列は下がり、シーズン終盤は出番が激減した。さらに今季終了後、黄金3トップの一角を占めるセネガル代表FWマネが、独1部バイエルン・ミュンヘンに移籍。するとクラブは電光石火の早業でウルグアイ代表FWヌニェスを移籍金140億円で獲得。これで来季も南野はカップ戦要員が確実となり、リバプールを離れることを決意したようだ。

 南野の周辺では英のリーズやブライトン、伊のアタランタやラツィオ、仏のモナコやリヨンなどが移籍先として取り沙汰されていた。その中でモナコ行きを決断した南野の選択は○か?

「モナコの1トップを務めるフランス代表FWイェデルは、今季得点王争いでパリSGのFWエムバペに次いで2位に入った実力者。トップ下もこなせるドイツ代表FWフォラント、左サイドのディオプ、右サイドのバンデルソンと能力の高い選手がそろい、加入後すぐに定位置を奪うのは厳しいでしょう。それでもリバプール時代と比べたら、食い込めるチャンスは十二分にある。仏1部リーグは8月7日に開幕。南野はシーズン前合宿をこなして8、9月で出場機会をどんどん増やし、10月にはレギュラーに定着して好コンディションを維持しながら11月21日のカタールW杯開幕を迎えるーーというプランを現実的なものとしてとらえているはず。モナコ移籍は、ベストの選択と言っていい」(元ワールドサッカーグラフィック編集長・中山淳氏)

 仏メディアのコメント欄には「お手頃価格の良い補強。技術もあって守備も怠らない。早く見たい」と歓迎コメントが目立っている。南野はメディカルチェックを受けた後、今週末にも正式にモナコ移籍が発表される。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず