日本ハム高卒ドラ2有薗直輝“前倒し”一軍招集の舞台裏 早速フル出場3打席三振

公開日: 更新日:

 日本ハム新庄剛志監督(50)がついに高卒ルーキーの「トライアウト」を開始した。

「今の状態なら一軍の投手でも面白い打球を打つんじゃない?」と、第一号に指名したのがドラフト2位の有薗直輝(19=千葉学芸高)。21日に初めて一軍登録されると早速、同日の楽天戦に「9番・DH」でフル出場。この日は3打席すべて三振に倒れたが、力強いスイングに可能性を感じさせた。

 新庄監督は昨年の新入団選手発表会見でこう言っていた。

「(高卒新人は)球団の方針として『体力的にも、体をおっきくする分、ちょっと時間をください』と(言われて)。でも、(自分が)見て大丈夫だと思ったらオールスター明けにでも呼びたい」

 それが開幕から3カ月足らずで実現。新庄監督が当初の計画を前倒ししたのは、高校通算70本塁打を放った有薗の打撃力に磨きがかかってきたからだ。二軍では主に三塁を守り、31試合で打率.274をマーク。18日の楽天との二軍戦では左中間に本塁打を放った。

「キャンプ時からスイングの強さは一軍選手に引けをとらないと評判だった。憧れの選手は巨人岡本和真。『岡本選手みたいになりたい』と言って、ストイックに鍛えた体は高校生離れしている。試合後も率先してコーチの指導を仰ぐなど、向上心が強い」(球団OB)

 与えられた好機をモノにできるか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至