新庄チルドレン今川優馬「二軍落ち」の波紋 日ハムきっての“元気印”でも容赦なし!

公開日: 更新日:

 新庄チルドレンが今季初めて二軍落ちした。

 20日、登録を抹消された日本ハムの今川優馬(25)のことだ。

 入団2年目の今季は開幕1番に抜擢されるなど、ここまで42試合に出場して打率.246、6本塁打、17打点。チームのムードメーカーとしても存在感を発揮し、「BIGBOSSチルドレン」の一人と目されていた。5月に月間打率.204と調子を落としたものの、6月に入って.333と復調気配を見せていたさなかの二軍落ちである。

■若手選手の精神的支柱

「今季を“選手の見極め”“テスト期間”とする新庄監督は全員を一軍で使うと明言している。今川の抹消もその一環なのでしょうが、今回はちょっとチーム内に波紋を呼びそうです。というのも今川は、チーム一の元気印で若手選手の精神的支柱というか兄貴分的存在ですからね。新庄監督にはその点も含めて評価されているという認識がチーム内にはあった。そんな今川でも、調子を落とせば二軍に行かされる。成績を気にせずやっていた若手選手が、これで結果を追ってしまうことにならないか。今川の二軍落ちが選手を萎縮させてしまう不安があるのです」(球団OB)

 評論家の権藤博氏は、横浜(現DeNA)監督時代から、「選手が相手ではなく自分のベンチの顔色をうかがうようになってはいけない」と言っている。

 これも新庄流の「テスト」なのかもしれないが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平