スピードスケート高木美帆「独立」の背景と“チームMT”結成が及ぼす深刻影響

公開日: 更新日:

 前代未聞の決断だった。

 16日、スピードスケートの高木美帆(28=日体大職員)がナショナルチーム(NT)から離脱することを発表した。今年2月の北京冬季五輪で、女子1000メートルの金を含む4個のメダルを獲得。その北京五輪を最後にNTのヘッドコーチを退いたヨハン・デビット氏(42)と新チームを結成するという。

 いわばNTならぬMT、「チーム美帆」と言ったところ。

「NTが発足して8年、ずっと活動させていただきましたが、ひとつ私の中で北京が終わり、また1歩外に出てもいいのかなと」と語った大エースは前例のないスタイルを選択した。

 8年前の14年ソチ五輪でメダルゼロに終わると、スケート協会は所属企業の枠を超えたNTを発足。スピードスケートの強豪国であるオランダからヨハン氏を招聘した。その成果は18年平昌五輪で発揮され、金3個を含むメダル6個を獲得。NTの強化体制の成功を証明していた。

 その一方で、スケート部を抱える実業団の衰退が加速。日本代表クラスに押し上げるまでが実業団の役目となり、企業がチームを持ち続ける意味を失いつつある。今年3月には、高木美の姉である高木菜那(29)が所属していた名門「日本電産サンキョー」は廃部に追い込まれたばかりだ。高木美が独立した背景には、実業団の地盤沈下への懸念があるのかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず