サントリーレディスで注目は全英切符の行方 ミュアフィールドにビビって放棄するプロも?

公開日: 更新日:

 9日開幕のサントリーレディス(兵庫・六甲国際GC)は、今年も全英女子オープン(8月4日開幕)の切符がかかる。優勝と2位(同スコアは世界ランク上位者)の選手以外に、同大会終了時点の賞金ランク上位3人にも出場権が与えられる。

 昨年は優勝した青木瀬令奈と2位タイの稲見萌寧が権利を得たが、稲見は欠場。賞金ランクでは、1位小祝さくら(コロナ禍の影響で出場辞退)、2位稲見、3位古江彩佳が出場資格を獲得したものの、稲見は大会2位で重複、4位笹生優花は全米女子オープン(以下、米女OP)優勝で出場権を得ていたため、5位原英莉花まで権利が下りてきた。

 今年の優勝候補は前週勝った稲見に、米女OP組の小祝、上田桃子、西村優菜らが上位を争うとみられている。

 賞金ランクの争いはどうか。現在1位(9936万円)は西郷真央。西郷は米女OP終了後、2週間後の全米女子プロに向けて米国に残った。2位以下の選手が優勝(賞金2700万円)しても西郷を逆転できない。

「2位(約5395万円)の稲見は海外メジャーに興味がなく、米女OP同様、出場権を獲得しても行かないだろう。5位(約4436万円)の堀琴音ワクチン未接種で米女OPは欠場したが、英国は3月に入国制限を撤廃。出場できたら行くでしょう。優勝すれば賞金が高いので10位以下の選手までチャンスがある」と、ツアー関係者は続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由