著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

渋野日向子は3戦連続予選落ち…プロは勝てば自信になり結果が出なければ焦りにつながる

公開日: 更新日:

 先週の男子ツアー「BMW日本ゴルフツアー選手権森ビル杯」の宍戸ヒルズCCは、コースを知れば知るほどプレッシャーのかかる会場として有名です。ベテランでもショットを曲げるとスコアをすぐに崩すなど、終盤にかけてプレッシャーのかかるホールが続きます。

 その中で勝った比嘉一貴はいいゴルフを見せました。3日目が終わって、3打差3位の好位置をキープです。

 最終日最終組でプレーし2番パー5でイーグルが先行し、6番パー5でもバーディーを奪いますが、その後は2ボギーと思うようにスコアを伸ばせずにじっとガマンが続きました。そして首位発進だった星野陸也がOBを打ってトリプルボギーだった15番パー5で2オンに成功してイーグルです。

 その時点でトップだった大槻智春とは2打差に迫ります。

 難関はグリーン手前に池が広がる17番パー4です。トップを1打、2打差で追うプロにとっては攻めなくてはいけないホールですが、失敗すればジ・エンドです。

 17番グリーン上で比嘉は11アンダーの大槻とタイになったことを確認し、2メートルのフックラインを決めて最終ホールに向かい、そして逆転のバーディーを決めたのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路