古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

公開日: 更新日:

 5日に閉幕した全米女子オープンの会場で残念な「事件」があった。今季から米女子ツアーに本格参戦している古江彩佳(22)は通算7オーバー(101位)で予選落ち。すると、取材対応をせずコースを後にしたのだ。

 古江は前週のマッチプレーで米ツアー自己最高の2位に入り、メジャーでも上位争いが期待された。今季11試合目(1試合は予選落ちなし)にして初の予選落ちはショックだったのかもしれないが、「プロですからこれはいけません」と、ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「結果に動揺しているのであれば、『少し時間を下さい』と言って、気持ちを落ち着けてから報道陣の取材に応じればいい。体調が悪いのなら関係者を通じ、取材対応できない理由とコメントを伝えてもらうこともできる。米女子ツアー参戦1年目でも、ずっと予選を通ってきた古江です。スコアを崩した原因は何だったのか、どこが難しかったのか、最後の2日間で72ホールプレーした前週の疲れがあったのかなど、ファンは知りたいと思う。報道があるから大会にスポンサーがつくし、大会も成り立つのです。試合で賞金を稼げるのは自分の力だけではない。それを理解するべきです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」