西武・滝沢夏央 源田の穴を埋める球界最小兵

公開日: 更新日:

滝沢夏央(西武 内野手・18歳)

■関根学院高→2021年育成2位

 一体誰がこの展開を予想できただろうか。

 西武はレギュラーの源田が右足骨挫傷で5月7日に離脱。不動の遊撃手不在が響くと思われたが、その穴を埋めたのが、関根学園(新潟)から昨年の育成ドラフト2位でプロ入りした18歳だ。

 5月13日に支配下登録されると、その日から全試合でスタメン出場。もっか打率.236、3打点。肝心の遊撃守備でも、瞬発力を生かした好守で源田不在をもり立てている。

 身長164センチは12球団で「最小兵」。体重も65キロの軽量級だ。

 パ球団のスカウトが言う。

「ウチのリストに滝沢の名前は載ってなかった。一応、北信越担当スカウトは実際に見たそうですが、その時は本職の遊撃ではなく、チーム事情から投手で試合に出場。身長も低く、『特にリストに載せるまでもないかな』と判断したそうです。遊撃守備はうまく、足も速いとは聞いていたが、実際にスカウト自身の目で見なければ判断できない。かといって、スカウトは人員も時間も無限ではないので、育成レベルの無名選手の元にそう何回も足を運べない。むしろ、西武のスカウトの調査力を褒めるべきです」

 守備力は言うまでもなく、打撃も小力がある滝沢。アマ時代は低身長をバネにしてきたこともあり、根性も据わっている。

 砂粒の中からダイヤの原石を探し当てた西武にあっぱれだ。

(成績は6月3日時点)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで