著者のコラム一覧
釜本邦茂元日本サッカー協会副会長

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

パラグアイ戦で「持ち味を最大限に発揮しよう」とした控え組を評価したい

公開日: 更新日:

 攻撃系の選手が生き残るには「結果」が重要なファクターとなる。ゴールを決める場面は何度もあった。確実に結果を残し、森保監督にアピールして欲しいものである。

 欧州EL優勝の原動力となったMF鎌田は、最終予選の序盤は「先発途中交代2試合」「交代出場1試合」。そして「ベンチ3試合」に続き、残り4試合は「招集外」。戦力外も同然だった。

 パラグアイ戦は、不慣れなインサイドハーフに入った。従来のトップ下か1トップではなく、普段よりも低い位置からのプレーを強いられた。

 それでも「ここぞ」という局面になると抜け目なく前線に顔を出し、前半42分には右からのクロスを頭で合わせてゴールを決めた。後半24分にはGKに倒されてPKを獲得するなど4-1快勝劇の中心的役割を演じた。

■6日のブラジル戦が楽しみ

 パラグアイは、カタールW杯の南米予選で8位に終わり、本大会出場を逃している。CBにスペイン1部の主力級がいたり、中盤にアルゼンチンの強豪クラブ所属選手がいたり、全員が国内リーグ所属というわけではなかったが、この日の日本戦で国際レベルと言えるプレーを見せた選手は背番号10のアルミロンだけ。あまり歯応えのないチームだった。 

 しかしながら、そのことを差し引いても控え組たちのパフォーマンスはなかなかのモノだった。

 6日のブラジル戦が俄然、楽しみになった。

(構成・日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで