堂安律は代表復帰も前途多難…「現時点ではW杯メンバーには入れない」と手厳しい評価

公開日: 更新日:

 2日からパラグアイ、ブラジルなどとの4連戦を控えている森保ジャパン。31日のオンライン取材に、代表復帰を果たしたオランダ1部PSVのMF堂安律(23)が登場。W杯アジア最終予選の3月ラウンド2試合に招集外となって「もちろん悔しかった」と本音を吐露。続けて「落選したことで今の自分がいる。感謝している。自分のプレーに集中し、小さい頃からの夢であるW杯にたどり着きたい」と殊勝なコメントを残した。

 森保ジャパン発足時には「背番号10」を与えられ、東京五輪では主軸としてプレー。しかし、代表では結果を残せなかった。それでも代表落選後の欧州シーズン終盤にゴールを量産。公式戦通算11得点で意地を見せた格好だが、森保監督は堂安をW杯本大会で起用するつもりはあるのか?

「現時点でW杯メンバー入りは厳しい」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が続ける。 

「主戦場の右サイドアタッカーには伊東純也という絶対的なレギュラーがおり、ストロングポイントを有しているライバルも多い。久保は左右両サイドとトップ下でもプレーでき、俊足FWの浅野と前田も左右両サイドで持ち味を発揮できる。左右両サイドとボランチもこなせる原口も控えている。堂安のセールスポイントは<右サイドから鋭くカットインして利き足の左足でシュートに持ち込む>プレーだが、どうしてもプレーがワンパターンとなり、相手に読まれて封じ込まれる場面も多い。縦に抜けるプレーを織り交ぜるなど工夫しないとW杯メンバー23人には入れないでしょう」

 久しぶりの代表復帰も前途多難──。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪