古江、渋野ら全米女子OP参戦 アジア勢最大の敵はN・コルダか…復帰戦にメジャー選んだ不気味

公開日: 更新日:

 今年の勝者はどこの国の選手か。

 前週の米女子ゴルフは、ツアーで唯一のマッチプレー。決勝に進んだ古江彩佳(22)は韓国のチ・ウンヒ(36)に敗れたが、来季のシード権をほぼ手にした。

 その古江も参戦する全米女子オープン(OP=6月2日開幕・ノースカロライナ州パインニードルズロッジ&GC)は、アジア勢の活躍が目立つ。過去10年の優勝者は韓国選手6人、タイ1人、フィリピン1人。米国勢は2014年M・ウィー(32)と16年B・ラング(36)だけ。17年にはトップ10に米国勢が1人も入れず、これは1946年の大会創設以来初の屈辱だった。

 直近10年(31大会)で、米国開催のメジャー3大会(全米女子OP、全米女子プロ、シェブロン選手権)で自国選手が勝ったのは7人しかいないのだ。

「それが米国で女子ゴルフの人気低迷の一因になっている」と、吉川英三郎氏(ゴルフライター)はこう言う。

「今の女子ゴルフ界はスーパースターが不在。週末のテレビは人気の高い男子ゴルフとかぶることもあるが、自国の大会で外国選手ばかりが勝っていればおもしろくない。それがメジャーならなおさらです」

昨季4勝で東京五輪金メダル

 近年の米女子ゴルフは韓国、日本、タイのアジア勢が強く、特に韓国選手の勢いはとどまるところを知らない。コロナの影響がなかった19年はツアー33戦で15勝。先の3つのメジャーだけでも、韓国勢はここ10年で延べ16人も勝っている。

 今年の大会には、昨年覇者で日本人として出場する笹生が連覇を目指し、古江、畑岡奈紗(23)、渋野日向子(23)の現地組の他に、日本ツアーからは小祝さくら(24)、西郷真央(20)ら、好調選手が多数出場する。

 そんなアジア勢の壁になりそうなのが、昨季4勝で東京五輪金メダルのN・コルダ(23)だ。

「世界ランク2位のコルダは今年4月、鎖骨下静脈の血栓除去手術を行い、欠場が続いていたが、今週復帰する。全米女子OPを復帰戦に選んだのは、優勝を狙えるだけの準備が整っているからでしょう。飛距離は出るし、アイアンの精度も高い。やっかいな相手です」(吉川英三郎氏)

 アジア勢の6連覇を阻むのは五輪金メダリストか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった