女子プロが口を揃えて警戒する「塩谷育代セッティング」の見どころを本人に聞いた

公開日: 更新日:

【リゾートトラストレディス】第2日

 来週行われるLPGAツアー今季メジャー第2戦の「全米女子オープン」(6月2日開幕)に向けて、今大会終了後に渡米して出場する小祝さくら(24)。大会2日目は降雨のためスタート時間が大幅に遅れて日没サスペンデッドになり、ホールアウトした小祝は通算8アンダーまでスコアを伸ばして暫定首位につけている。

 大会のコース設定は日刊ゲンダイのコラムでもおなじみの塩谷育代プロが担当した。会場は名匠ピート・ダイが設計したタフなコースだ。さらに多くの女子プロが「塩谷さんがコース設定すると難しい」と口をそろえて警戒するのはよく知られている。

 そこで、見どころを聞いた。

「今年は例年よりもバーディーがたくさんとれる設定にしました。グリーンは奥行きが40ヤードと長く、女子プロには苦手といわれる奥ピンに対しても攻めてくるようになり、うれしく思っています。ただ、難しいホールは日によって変わりますが、必ず2、3ホールあります。最終日は16番パー3のピンが右端に切られ、フェードで攻めることができるか。そして17番パー4はピンが左手前ですが、グリーン面が見えません。タフな2ホールをうまく切り抜けることができるか、が見どころです」(塩谷プロ)

 塩谷プロの目標は「世界に通用する選手を輩出する」コース設定だ。小祝がこのまま逃げ切って、メジャーに出場できるかに注目が集まる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…