ヤクルト塩見泰隆が3打席連発弾!イノシシを追い掛け回した“型破り男”はまだ発展途上

公開日: 更新日:

 仙台の夜空に花火を3発打ち上げた。

 ヤクルトの塩見泰隆(28)が27日、3打席連続本塁打を放ち、5打数3安打5打点と躍動した。

 初回、左翼にソロ弾を放つと、二回は右中間に3ランを叩き込んだ。さらに5-1の四回にも、まだ打ち足りないと言わんばかりに、今度はバックスクリーン左に一発。本人は「たまたまです。怖いくらい」と話したが、“型破り”は塩見の代名詞。帝京大時代、グラウンド裏の森でイノシシを追い掛け回した男は、まだまだ発展途上だ。

 ヤクルトOBが言う。

「塩見は昨季、自身最多の140試合に出場。今季はまだレギュラーになって2年目ですからね。打撃面では追い込まれたらセンター中心の打撃を身に付け、昨季は打率.278、14本塁打、59打点。一方、外野守備では打球判断の甘さや、ポジショニングに課題がある。逆に言えば、まだまだ伸びる余地があるのです」

 アマチュア時代は小学生から大学時代を通じて、チームのお騒がせ選手。当時、武相高で監督を務めた桑元現東農大コーチは、かつて日刊ゲンダイの取材に「選手としては素晴らしかったけど、チームに迷惑をかけちゃう子だった。気分が乗らないと全力疾走をしない、後ろにそらした打球を追いかけない。だから最初は野球よりも教育だな、と。このまま野放しにはできませんでしたから」と話していた。

 そうした教育の甲斐もあってか、精神面も徐々に成長。塩見が所属した海老名リトルシニアの飯塚監督も「我慢して起用すれば、結果を出せる子」と評価していた。

 今季は46試合に出場し、打率.269、8本塁打、23打点。リーグ連覇まで猪突猛進だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…