中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

公開日: 更新日:

 中日・立浪監督(52)の迷走が止まらない。

 25日は2試合続けて、三塁を本職とする高橋周平(28)を「6番・遊撃」でスタメン起用。しかし、2試合で7打数無安打とさっぱり打てず、泥沼の7連敗である。

 確かに高橋は遊撃も守れるが、あくまで「できないわけではない」というレベル。2014年に8試合を守ったのが最後だ。キャンプでは遊撃でノックを受けることがあったにせよ、本格的なコンバート案が出ていたわけでもない。21日に今季初めて遊撃を守った際は、いきなりトンネル。立浪監督は「人工芝だとそこそこやれるのかな」とかばうも、24日の本拠地バンテリンドームでの試合でもエラーをした。

 中日は京田が5日に二軍落ちし、正遊撃手不在。その後は主に三ツ俣が守っていた。立浪監督は高橋の抜擢について、「三塁も遊撃も基本は一緒。自分もそうだった」と自身の経験を持ち出していたが、ならばなぜ遊撃再コンバートを命じた根尾昂(22)を起用しないのか。

 今季の打率だけで言えば、根尾も高橋も大差がない。根尾は.212で、高橋もこの日4タコに倒れて.224に下がった。得点圏でも根尾は6打数3安打と勝負強さの片鱗を見せている。高橋は同.158と、チャンスでからっきしだ。

「根尾が今季、遊撃を守ったのは18日の1試合のみ。いくら再コンバートを命じても、試合に出なければ技術だって上達しない。内野の名手だった立浪監督は重々承知のはずだが……」

 とは球団OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至