ウィンブルドン「ポイントなし」の波紋…排除したロシア選手が世界1位になる皮肉

公開日: 更新日:

 混乱が広がっている。

 開催中のテニス全仏オープン(OP)はウィンブルドン(英国、6月27日開幕)の話題で持ちきりだった。最も歴史ある4大大会で、世界ランキングのポイントが選手に付与されないことになったからだ。

 ロシアのウクライナ侵攻を理由に、ウィンブルドンは4月、ロシアとベラルーシ選手の出場禁止を決定。するとプロテニス協会(ATP)と女子テニス協会(WTA)は対抗措置としてポイントの剥奪を決めた。

 これにはトップ選手も大混乱。大坂なおみ(24=世界ランク38位)は全仏OPの初戦敗退後、「ポイントがなければエキシビションと同じでしょ? 現状では行かない方向に傾きつつある」と欠場を示唆した。スポーツライターの武田薫氏はこう言う。

「トップ選手にとって賞金は二の次。大事なのはポイントです。それが手に入らないのであれば欠場は避けられない。何より政治や戦争が絡んだ雑音の多い大会になってしまった。もともと芝のコートを苦手とし、今はメンタル面に不安を抱える大坂選手が辞退するのも納得です。ATPとWTAが強い抗議を示すためには、これしかなかったのではないか。ATPとWTAはもともと選手組合からできた組織。選手個人の立場を守るというのが最低限のラインとしてあるのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外