全米OP国内予選会組の不甲斐なさと、全米プロ予選落ち木下稜介が語ったメジャーの壁

公開日: 更新日:

 今年の国内組はどうなるか。

 23日、全米オープン日本最終予選会(36ホール=千葉・カレドニアンGC)が行われ、日本勢は杉山知靖(29)、出水田大二郎(29)の2人が本戦切符を手にした。

 全米オープンの国内予選がスタートしたのは2005年。主催の全米ゴルフ協会が、優秀な選手を世界から参加させたいとの方針で決めたようだ。

 しかし、過去10年(20年は中止)の成績を見ても、日本予選から本戦に計27人が出場し、そのうち決勝ラウンドへ進んだ選手は7人しかいない。J・ラームが優勝した昨年も、石川遼(30)と浅地洋佑(29)は予選落ち。星野陸也(26)は松山英樹(30)とともに26位だったが、米国予選会からの出場だった。

 決勝へ進んだ過去7人のうち、ベスト10入りは13年の松山(10位)だけ。ほとんどが50~60位台。「国内予選会組」の不甲斐ない成績を知る米国のプロからは「日本での予選会はやめたらどうか」という声もある。プロなら、国内でメジャー予選会があれば挑戦するのは当然だが、毎年惨敗ばかりでは「出場枠を開催国のオレたちによこせ」と言いたくもなるだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記