大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が大台に迫った。

 2戦連続「1番・DH」で出場した日本時間23日のアスレチックス戦で、今季最長となる飛距離約135メートルの先頭打者9号アーチ。これで7本に終わった2020年を除き、メジャー4度目の2ケタ本塁打に王手をかけた。

 昨季はブルージェイズ・ゲレロ、ロイヤルズ・ぺレスらと熾烈な本塁打王争いを繰り広げたが、今季はペースダウン。ヤンキース・ジャッジ(15本)、アストロズ・アルバレス、同僚トラウト(ともに12本)らの後塵を拝して現在、リーグ7位と出遅れている。

 昨季と比べて精彩を欠く大谷とは対照的に同僚2人の打撃が好調だ。今季、右翼に定着したウォードが規定打席未満ながら打率.370のハイアベレージ。右ふくらはぎ痛から完全復活した主砲トラウトは打率.323(リーグ7位タイ)、12本塁打、26打点(7位タイ)と三冠を狙える位置に付け、早くもMVPの有力候補に挙げる米メディアもある。

 同僚2人が好調をキープすれば、ホームランキングのタイトル獲得を狙う大谷にとって好都合。相手バッテリーのマークがウォード、トラウトに分散し、大谷への攻めが手薄になるからだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記