大坂なおみ全仏OP「負けるべくして」初戦負け…怪我、苦手コート、相手は手の内熟知

公開日: 更新日:

 大坂なおみ(24=世界ランク38位)の最大の武器といえば、時速200キロ近いサーブ。そのスピードと威力が赤土のクレーコートでは殺されるうえに、ダブルフォルトが8本もあったのだから、苦戦を強いられたのも無理はない。

 23日、全仏オープンテニス女子シングルス1回戦で米国のアマンダ・アニシモバ(20=同28位)に5ー7、4ー6のストレート負け。1月の全豪オープン3回戦で敗れた相手に、またしても勝てなかった。

 全仏の初戦敗退は17年以来5年ぶり。4大大会の初戦敗退は19年の全英以来だ。

「負けるべくして負けたと思う」とスポーツライターの武田薫氏はこう続ける。

「大坂は左足のアキレス腱を痛めて、前哨戦のローマ大会を欠場した。ただでさえ実戦不足なのに苦手なクレーコートの試合をここまで2試合しかやっていません。練習はしているでしょうが、試合とは明らかに違いますからね。クレーの実戦をこなしていない影響は大きいですよ。しかも相手のアニシモバは子供の頃から大坂と同じフロリダを本拠地にしていて、ベースラインから激しく打ち合うテニスのタイプも似ています。大坂の手の内は熟知しているし、大坂にとっては最もやりづらい選手のひとりですからね」

 次は舞台が芝に変わる全英だが、「大坂は足元が滑り易い芝も苦手にしている」(武田氏)そうだから、本来の姿は全米のある夏場のハードコートまで見られそうもない。

「もっと多くプレーして準備できていれば良かったと思う」とは試合後の本人だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記