中日は今季初の5連敗で苦手の交流戦へ…立浪コワモテ監督の“次なる犠牲者”は誰?

公開日: 更新日:

 中日ベンチはピリピリムードだという。

 22日の広島戦に敗れて今季初の5連敗。八回途中に1失点でマウンドを降りた先発の柳を打線が見殺しにした。試合後、「点を取ってあげないと」と語った立浪和義監督(52)がいつまた爆発するか、選手は戦々恐々だというのだ。

 就任会見で「選手に勝ちに対する執念を植え付ける」と宣言した指揮官は、「選手に好かれようとは思わない」といきなりチームを引き締めた。今月4日のDeNA戦では、失策した遊撃レギュラーの京田を懲罰交代。ベンチ裏で「今すぐ帰れ!」と一喝するや、試合中にもかかわらず名古屋に強制送還させ、選手を震え上がらせた。

「小柄で優男の風貌とは裏腹に、現役時代からコワモテで後輩から恐れられた。立浪が評論家になって球場を訪れても、中日の選手は真っ先に挨拶に出向き、直立不動で話を聞く。現役を退くと、選手とはなあなあの関係になりがちだけど、立浪にはそれがない。それくらい厳しい。京田の強制送還はさもありなんだ。この広島3連戦は初戦が5ー11、2戦目が1-10でこの日が0-1と投打がボロボロ。こんな状態で苦手な交流戦(直近6度で勝ち越し1回)に突入するわけだから、立浪監督が再び爆発するのも時間の問題ではないか」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…