6月代表4連戦でただ1人の初招集 DF伊藤洋輝は森保Jの救世主になれるか?

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会は20日、6月に予定されているブラジル戦(6日)など日本代表4連戦のメンバー28人を発表。独1部シュツットガルトDF伊藤洋輝(23)が初招集。代表常連の神戸FW大迫勇也(32)、浦和DF酒井宏樹(32)がケガを理由に招集外となった。

 静岡・浜松市出身の伊藤はJ1磐田の下部組織出身。2018年は磐田、19年はレンタル移籍先の名古屋でプレーしたが、この2年間でJ1通算3試合の出場にとどまった。20年はJ2磐田で37試合に出場。21年は20試合出場したところで、同年6月にシュツットガルトへ期限付きで移籍すると、初年度からレギュラーに定着した。代表の主軸MF遠藤航(29)のチームメートである。

■長友と冨安のバックアッパー

「日本国内で強烈なインパクトを残した選手ではなかった」と元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏がこう続ける。

「磐田時代は、身長188センチの大型左利きボランチ。ドイツでは、もっぱら3DFの左、CBの左でプレー。左SBとしてもプレーできる。ドイツに行って明らかにレベルアップ。左足での正確なキック力、1対1のデュエルの場面での強さが認められ、さらには精度の高いビルドアップ能力で攻撃の起点にもなり、この点も高く評価されている。衰えが指摘される35歳DF長友、両足のふくらはぎと太もも痛に悩まされているCB冨安のバックアッパーとして貴重な戦力です。U-16(16歳以下)代表を皮切りに各年代別の代表に呼ばれながら、21年夏の東京五輪メンバーからは外れた。それがW杯イヤーの22年になって初招集となった。伊藤が森保ジャパンの救世主に成長するのか、注目したい」

 20日、シュツットガルトは伊藤の25年までの完全移籍を発表した。代表でも主力の座をつかめるか──。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記