6月代表4連戦でただ1人の初招集 DF伊藤洋輝は森保Jの救世主になれるか?

公開日: 更新日:

 日本サッカー協会は20日、6月に予定されているブラジル戦(6日)など日本代表4連戦のメンバー28人を発表。独1部シュツットガルトDF伊藤洋輝(23)が初招集。代表常連の神戸FW大迫勇也(32)、浦和DF酒井宏樹(32)がケガを理由に招集外となった。

 静岡・浜松市出身の伊藤はJ1磐田の下部組織出身。2018年は磐田、19年はレンタル移籍先の名古屋でプレーしたが、この2年間でJ1通算3試合の出場にとどまった。20年はJ2磐田で37試合に出場。21年は20試合出場したところで、同年6月にシュツットガルトへ期限付きで移籍すると、初年度からレギュラーに定着した。代表の主軸MF遠藤航(29)のチームメートである。

■長友と冨安のバックアッパー

「日本国内で強烈なインパクトを残した選手ではなかった」と元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏がこう続ける。

「磐田時代は、身長188センチの大型左利きボランチ。ドイツでは、もっぱら3DFの左、CBの左でプレー。左SBとしてもプレーできる。ドイツに行って明らかにレベルアップ。左足での正確なキック力、1対1のデュエルの場面での強さが認められ、さらには精度の高いビルドアップ能力で攻撃の起点にもなり、この点も高く評価されている。衰えが指摘される35歳DF長友、両足のふくらはぎと太もも痛に悩まされているCB冨安のバックアッパーとして貴重な戦力です。U-16(16歳以下)代表を皮切りに各年代別の代表に呼ばれながら、21年夏の東京五輪メンバーからは外れた。それがW杯イヤーの22年になって初招集となった。伊藤が森保ジャパンの救世主に成長するのか、注目したい」

 20日、シュツットガルトは伊藤の25年までの完全移籍を発表した。代表でも主力の座をつかめるか──。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至