全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】第2日

 6人が出場した日本勢で、予選を通過したのは松山英樹(30)と星野陸也(26)の2人だけ。カットラインギリギリながらともに通算4オーバー、144の64位だった。香妻陣一朗は6オーバーで89位、稲森佑貴は8オーバーで105位、木下稜介は11オーバーで123位、金谷拓実は13オーバーで135位に終わり、予選落ちとなった。

 木下稜介(30)は初日、「全然通用しない」と白旗をあげたが、それも当然だ。1936年オープンの会場は、なだらかな丘につくられたクラシックなコース。前回開催(2007年)より距離は約400ヤードも長くなった。バミューダとフェスキュー芝がミックスされたラフは短く、グリーンを狙うこともできるが、小さな砲台グリーンに止めることは難しい。アンジュレーションもきついし、ガードバンカーは深い。2日目は昼過ぎまで強い風も吹いた。

 ゴルフライターの吉川英三郎氏がいう。

「今の米ツアーにはドライバー飛距離が310ヤード以上の者が20人いるが、これはあくまでデータであって、実際には330ヤード以上飛ばす者も少なくない。5番ホールは656ヤード(パー5)もありますが、逆風でなければ2打でグリーンに乗せる選手もいる。ビッグドライブでゴルフ界に衝撃を与えたウッズの全時期と比べてゴルフが大きく変わり、コースセッティングも難しくなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記