カブス誠也に守備負担増の試練…外野陣に故障者続出の異常事態が打撃復調の足かせに

公開日: 更新日:

 カブス・鈴木誠也(27)が日本時間21日のダイヤモンドバックス戦でベンチスタート。代打での出場もなく今季3度目の欠場となった。

 18日のパイレーツ戦ではメジャー初補殺をマークして強肩を披露したものの、前日の試合では本塁への悪送球で、初の失策を記録した。鈴木は広島時代に5度のゴールデングラブ賞を受賞した名手だが、ますますその守備力を試されそうだ。

 開幕以来、カブス外野陣に故障者が続出。4月23日に左翼のフレイジャーが虫垂炎、今月18日にはゴールドグラブ賞5度の中堅手ヘイワードが新型コロナ関連でそれぞれ負傷者リスト(IL)入りした。控えの外野手も含めれば、ここまで5人が離脱する緊急事態。故障者が相次いでいることもあってか、カ軍外野陣による5失策はダイヤモンドバックス(7個)、ナショナルズ(6個)に次いでリーグワースト3位だ。

 ヘイワードに代わって昨季、メジャーに定着したオルテガが中堅に起用されているものの不安は尽きない。名手と比べて守備範囲が狭いうえに、肩は決して強いとは言えないからだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記