どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

公開日: 更新日:

 息詰まる投手戦が台無しである。

 20日の阪神巨人戦。巨人先発の戸郷が8回4安打無失点と今季一番の投球を見せれば、阪神先発の青柳も五回まで3安打無失点と完璧な投球。ウォーカーの適時打で2点を失った六回限りで降板したものの、リリーフ陣が踏ん張り追加点を許さない。そんなテンポのいい締まったゲームはしかし、九回裏の2死から飛び出した阪神大山の同点2ランで延長戦に突入すると、一気にヘボ試合に転じたのだ。

 まずは、巨人が1死満塁の好機をつくった延長十回表。3番吉川のゴロが三塁ベースの横に飛んだ。ここで、信じられないミスが出る。打球を捕った糸原がすぐ横の三塁ベースを踏み、本塁に送球。三塁走者の増田陸がタッチアウトで併殺完成──と思ったら、糸原がベースを踏まずに送球していたのだ。投手の岩崎が後続を断って失点にはつながらなかったが、テレビ中継で試合を解説していた元ヤクルト宮本慎也氏が「ありえないプレー」と絶句するボーンヘッドだった。

「いや、巨人も負けてはいない。その裏です。4番手の畠が先頭打者を四球で歩かせ、次打者の熊谷が投前にバント。明らかに二塁封殺が可能な打球だったのに、畠が躊躇して一塁に送球し、ピンチを広げた。これも失点にはつながらなかったからよかった、と言えるプレーじゃありません。もっと言えば、大山に一発を浴びたデラロサの投球も論外。2点リードの九回2死一塁、一発だけは絶対に避けなければいけないこの場面で、真ん中高めにスライダーを2球も続けた制球力と集中力のなさ。お粗末すぎます」(巨人OB)

 結局、試合は延長十二回に一挙4点を奪った巨人が6-2で勝利。阪神の4失点は遊撃中野の失策と死球にワイルドピッチが絡んでのものだった。「伝統の一戦」が聞いて呆れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走