どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

公開日: 更新日:

 息詰まる投手戦が台無しである。

 20日の阪神巨人戦。巨人先発の戸郷が8回4安打無失点と今季一番の投球を見せれば、阪神先発の青柳も五回まで3安打無失点と完璧な投球。ウォーカーの適時打で2点を失った六回限りで降板したものの、リリーフ陣が踏ん張り追加点を許さない。そんなテンポのいい締まったゲームはしかし、九回裏の2死から飛び出した阪神大山の同点2ランで延長戦に突入すると、一気にヘボ試合に転じたのだ。

 まずは、巨人が1死満塁の好機をつくった延長十回表。3番吉川のゴロが三塁ベースの横に飛んだ。ここで、信じられないミスが出る。打球を捕った糸原がすぐ横の三塁ベースを踏み、本塁に送球。三塁走者の増田陸がタッチアウトで併殺完成──と思ったら、糸原がベースを踏まずに送球していたのだ。投手の岩崎が後続を断って失点にはつながらなかったが、テレビ中継で試合を解説していた元ヤクルト宮本慎也氏が「ありえないプレー」と絶句するボーンヘッドだった。

「いや、巨人も負けてはいない。その裏です。4番手の畠が先頭打者を四球で歩かせ、次打者の熊谷が投前にバント。明らかに二塁封殺が可能な打球だったのに、畠が躊躇して一塁に送球し、ピンチを広げた。これも失点にはつながらなかったからよかった、と言えるプレーじゃありません。もっと言えば、大山に一発を浴びたデラロサの投球も論外。2点リードの九回2死一塁、一発だけは絶対に避けなければいけないこの場面で、真ん中高めにスライダーを2球も続けた制球力と集中力のなさ。お粗末すぎます」(巨人OB)

 結局、試合は延長十二回に一挙4点を奪った巨人が6-2で勝利。阪神の4失点は遊撃中野の失策と死球にワイルドピッチが絡んでのものだった。「伝統の一戦」が聞いて呆れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記