松山英樹に「メジャー2勝目」の壁…経験豊富な中堅プロゆえに襲われる故障とイップス

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】第1日

 松山英樹(30)は開幕2日前に発症した首痛が心配されたが、この日は首を気にするそぶりも見せず1バーディー3ボギーの72でホールアウト。初日は首位に7打差の2オーバーと出遅れた。

「グリーンがソフトなのかなっていう感じはあるけど、フェアウエーは硬くなっていて、そこは計算できていなかった。今日はいいショットもいいパットも一回もない。もう少しショットを安定させないと苦しい戦いになる」(松山)

 10年連続10回目の出場となる松山は、過去に予選落ちがなく、トップ10が2回。2017年大会の最終日は、一時単独首位に立った。結局、5位に終わって涙を流したものの、そんな経験から「相性のいい大会」だという。

 ファン待望のメジャー2勝目も期待できそうだが、ゴルフ界も他の競技と同様、若い者ほど勢いがある。

 20代でメジャー10勝をあげたT・ウッズは別格にしても、例えば、R・マキロイ(33)のメジャー初Vは22歳の11年全米オープン。翌年は全米プロに勝ち、14年は全英と全米プロに優勝。15年に21歳でグリーンジャケットを着たJ・スピース(28)は、2カ月後の全米オープンにも勝った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…