大谷翔平が決め球スプリット“封印”の思惑 奪三振ショーは熾烈なシーズン終盤まで温存

公開日: 更新日:

 二刀流に球威が戻った。

 エンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間19日のレンジャーズ戦に今季7度目のリアル二刀流で出場。投げては6回を6安打2失点7奪三振と好投しながら、今季4勝目(2敗)を逃し、打ってはレ軍投手陣を攻略しきれず5打数無安打に終わった。

■今季最速162キロ、キャリアハイの平均球速159キロ

 白星こそ手にできなかったが、前回(12日)のレイズ戦で突然、低下した球威の不安を払拭した。直球の最速は162キロで、160キロ超えを記録したのは8球。決め球のスプリットはわずか1球で、キャリアハイとなる平均球速158.7キロの直球とカーブ、スライダーの組み立てで3戦連続クオリティースタートと、先発として最低限の役割を果たした。

 大谷は100マイル(約160キロ)超え連発について「特に何かを変えていたわけではないですけど。強度に慣れてきたっていうのはあるかと思います」と説明。スプリット封印に関しては「投げないほうが良さそうだなという。逆にそんなリスク負わなくてもいいのかなとは思うので。十分に真っすぐとスライダーとカーブでいけるんじゃないかという感じはありました」と明かした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    仰木さんと川崎球場から銀座のクラブに直行…小宮悦子アナとの関係を尋ねると

    仰木さんと川崎球場から銀座のクラブに直行…小宮悦子アナとの関係を尋ねると

  2. 2
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  3. 3
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  4. 4
    お得に出かける「シニア旅」最大60%オフになるサービスも

    お得に出かける「シニア旅」最大60%オフになるサービスも

  5. 5
    日本ハム新庄監督ショック…リーグ戦再開後5連敗より深刻な守護神・北山の連続救援失敗

    日本ハム新庄監督ショック…リーグ戦再開後5連敗より深刻な守護神・北山の連続救援失敗

  1. 6
    能登半島の次は小笠原諸島で…父島近海M6.2の揺れは南海トラフの予兆か?専門家に聞いた

    能登半島の次は小笠原諸島で…父島近海M6.2の揺れは南海トラフの予兆か?専門家に聞いた

  2. 7
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  3. 8
    阪神が陥る“鯉わずらい”の元凶はベンチワークにあり サヨナラ負けで広島に今季10戦未勝利

    阪神が陥る“鯉わずらい”の元凶はベンチワークにあり サヨナラ負けで広島に今季10戦未勝利

  4. 9
    米プロバスケの審判が試合中に心臓発作! 命を救った選手の“本業”は…

    米プロバスケの審判が試合中に心臓発作! 命を救った選手の“本業”は…

  5. 10
    ナインティナインはNSCをクビになっていた!「岡村・矢部出入り禁止」事件

    ナインティナインはNSCをクビになっていた!「岡村・矢部出入り禁止」事件