独フランクフルトEL制覇の立役者はベテラン長谷部! 高まるカタールW杯“サプライズ選出”の可能性

公開日: 更新日:

 欧州リーグ(EL)の決勝(日本時間19日午前4時キックオフ)で日本代表FW鎌田大地(25)と元代表主将MF長谷部誠(38)が所属する独1部フランクフルトがスコットランド1部レンジャーズを破り、前身のUEFA杯を制した1979-80年以来、42年ぶりとなるEL王者のタイトルを獲得した。

 0-0で迎えた後半12分、試合が<大きく>動いた。縦パスに反応したレンジャーズFWアリボをマークしていた3バックの中央担当DFトゥタが転倒。フランクフルトは先制点を献上した上にトゥタが故障でプレー続行不能。ベンチに座っていた長谷部が、いきなりピッチに送り出された。

 アップなしの長谷部のパフォーマンスが心配されたが、DFラインをきっちりと統率。機敏な攻め上がりから3トップの左で先発した鎌田にパスを送ったり、屈強な相手FWを正当なチャージで吹っ飛ばしたり、見事な百戦錬磨ぶりを発揮してチームを牽引した。

 後半24分にフランクフルトが同点弾。1-1のまま延長戦でも決着がつかず、試合の行方はPK戦に委ねられた。後攻3番手の鎌田が右ポストに当てながら成功。右手を握り締めながらガッツポーズだ。続くレンジャーズの4番手が失敗。PK戦を5-4で制したフランクフルトが戴冠。表彰式では延長後半からキャプテンマークを巻いた長谷場、フル出場の鎌田が満面の笑みを浮かべながら偉業達成を祝った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差