阪神・西純矢ついにプロ初完投&初HR! 同期の佐々木朗希、奥川を上回る「タフネス」証言

公開日: 更新日:

 最下位に沈む阪神の希望の星である。

 プロ3年目の西純矢(20)が18日のヤクルト戦で9回1失点の好投でプロ初完投勝利(今季2勝目)をマーク。投手としては2007年ボーグルソン以来となる「8番」で出場し、二回には左腕高橋の内角速球を豪快にフルスイング。左翼席へ2ランを放つなど、打撃でも勝利に貢献した。

 最速154キロの伸びる直球と、鋭く縦に落ちるスライダー、フォークが武器。佐々木朗希奥川恭伸宮城大弥らと同世代の19年ドラフト1位で、創志学園高時代は4番を打ち、高校通算25本塁打をマークしている。19年のU18W杯(韓国)では投手兼外野手の「二刀流」としてチームに貢献。大会最多の2本塁打を放つなど、プロのスカウトからは「投手の方が素晴らしいが、打者としてのセンスもいい」との声が少なくなかった。

「おまけに心身がタフですから」とは、前出のU18を取材したメディア関係者。

「佐々木朗と奥川は肩肘に細心の注意を払って調整していた一方で、宮城とともに投打にフル回転したにもかかわらず、肩肘の状態は全く問題なく、最後までピンピンしていた。宿舎では韓国料理に苦戦する選手が多い中、好き嫌いなく一番食べていたといいます。高校2年時の甲子園ではガッツポーズを連発して波紋を広げましたが、根っからの明るい性格で、大舞台でも物おじしない。近い将来、阪神のエースになる可能性は十分にあります」

 ブレークは近い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記