日本ハム野村が顔面死球翌日に躍動プレー 問われる「4番の真価」と鼻骨骨折後の“変形”

公開日: 更新日:

 これまでも死球による顔面の骨折をものともしなかった野手は枚挙にいとまがない。昨年引退した鳥谷敬阪神時代に顔面死球で鼻を折りながらも、翌日の試合に出場。6度の本塁打王を獲得した西武中村剛也(38)も頬骨を骨折した08年に46本塁打を放っている。

 野村は今後を期待されて4番に置かれているが、強打者になればなるほど死球やむなしで厳しく攻められるのは避けられない。評論家の山崎裕之氏は、「4番を打てる素材であるのは間違いないが、厳しい攻めを乗り越えていかないと、中心打者にはなれません」とこう続ける。

■強打者ほど死球やむなし

「私自身、現役時代に頭部死球を受けたときは、1カ月ほど痛みを抱えながらプレーしました。体が恐怖心を覚えて、打席に立つと勝手に体が反応し、腰が引けてしまう。ボールから逃げないように、いつも以上に踏み込まないといけないと、強い意識を持って打席に臨みました」

 直球への対応、内角攻めへの対処も重要になる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?