大谷翔平がMLB世界戦略の切り札に! 「史上最もネット検索された投手」で世界中が熱視線

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)への関心の高さが改めて浮き彫りになった。

 米IT大手グーグルの検索ワードを分析する「グーグルトレンド」は日本時間17日、大谷が史上、最も検索された投手だと発表した。投打にわたる活躍から昨季のア・リーグMVPに選出され、ベーブ・ルース以来となる二刀流でのパフォーマンスが世界中の注目を集めたようだ。

 グーグルは世界39カ国で検索エンジンのシェア1位。大手サイトで「大谷」が検索ワードのトップに立った「効果は計り知れません」と、ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう続ける。

「検索数トップによる経済効果など具体的な数字は定かではありませんが、アスリートがポジティブな話題で検索数が増えた場合、グッズの売り上げが伸びたり、所属チームのビジネスが好転するのが一般的です。インターネットの影響力は絶大で、『大谷』『エンゼルス』といったワードを見聞きする機会が増え、それまで大リーグや大谷を知らなかったり、興味がなかった層をも取り込むためです。日米だけでなくネットは世界中に普及しており、オランダなど野球が普及している一部の国々でも『ショウヘイ オオタニ』の検索数は伸びており、二刀流は今や世界中から関心を集めていると見ていいでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質