阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

Vまであと2イニングで同点弾…直球のサインにクビ振りスクリューボールを投げた理由

公開日: 更新日:

 えっ! まさか……。

 その瞬間、私は思わず、打球の行方を追って左翼方向を見上げた──。

 1988年10月19日のダブルヘッダー。1試合目に競り勝って迎えた2試合目。八回にブライアントの本塁打で1点を勝ち越し、その裏、私はマウンドに登った。

 優勝まであと2イニング。1死後、打席にその年首位打者を獲得した高沢秀昭さんを迎えた。

 フルカウントからの6球目、投じた外角へのスクリューボールはライナーで左翼スタンドに吸い込まれた。同点に追い付かれるソロ本塁打。川崎球場は大きなどよめきと悲鳴に包まれた。

 マウンド上のロジンを拾い上げながら、努めて平静を装う私の姿が当時の模様を伝えるユーチューブにも残っている。

 あの打席、高沢さんは1ボールから、外角低めのスクリューボールを2球続けて空振りした。追い込んでから外角ストレート、内角スライダーが外れてフルカウントに。続く6球目、捕手の山下和彦さんのサインは内角ストレートだった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

  2. 2
    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

  3. 3
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  4. 4
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  5. 5
    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

  5. 10
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」