5月20日のIOC総会は大荒れ必至! 禍根を残すロシアの“問題委員”2名に参加許可

公開日: 更新日:

 20日にスイスで開催される国際オリンピック委員会の総会を前に、IOCが「ロシアの委員の総会への参加を許可する」と発表した。

 2月にロシアがウクライナへの侵攻を開始して以降、IOCはロシアの選手、役員を国際大会から除外するよう、国際競技連盟や大会主催者に勧告。今も多くの競技で“追放状態”にあるが、IOCは今回、「五輪憲章の下、彼ら(ロシアのIOC委員)はIOC内では出身国の代表者ではない」と説明。ロシアの委員を務める、陸上棒高跳びで2008年北京五輪金メダルのエレーナ・イシンバエワ氏、ロシアテニス連盟のシャミエル・タルピシェフ会長の総会への参加が認められることになったが、当然のことながら、他国のアレルギー反応は強い。

 ウクライナへの侵攻はもとより、ロシアによる組織的なドーピング問題も未解決の状態だ。今年2月の北京冬季五輪期間中にも、女子フィギュアスケートのワリエワに薬物問題が発覚し、疑惑が再燃している。

 ただでさえ、各国から袋叩きにあう材料に事欠かないうえ、ロシアIOC委員であるイシンバエワとタルピシェフの両氏は、たびたびロシアへの制裁に噛みついてきた過去がある。イシンバエワ氏は、16年のリオ五輪で国ぐるみのドーピング違反問題を理由にロシア陸上チームが除外されたことに反発。自身のインスタグラムに「私たちが欠場する中、“潔白”な外国選手らは偽の金メダルを取ればいい」と投稿し、騒動を巻き起こした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い