山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神のショートは中野拓夢以外もう考えられない! 2年目のジンクスも心配ご無用

公開日: 更新日:

 しかし、中野はどうやら大丈夫のようだ。今季も不動のショートとしてここまで全試合にスタメン出場し、打率.291、本塁打3、盗塁8はリーグ2位。四球を2つしか選んでいないのは少し気になるが、5月14日のDeNA戦では1試合4安打、うち2本塁打を記録するなどパンチ力も見せつけた。チーム成績が低迷し、特に打撃陣の不振が目立つ中、クリーンアップに抜擢されたこともあった。今や中野以外のショートは考えられない。鳥谷のあと、なかなか定まらなかった内野の要がようやくピタッとはまった感じがする。

 中野は鳥谷のような中軸タイプの大型ショートではないから、彼が目指すのはかつて落合中日の黄金時代を支えた俊足いぶし銀の名ショート・井端弘和みたいな感じだろうか。そうなると、中野と二遊間コンビを組めそうな荒木雅博みたいな名二塁手も欲しくなる。失礼だが、糸原は少しちがう気がするので、個人的には小幡竜平の荒木的覚醒に期待したい。

 それにしても、この中野ほどの逸材がドラフト6位で、しかも社会人から取れるなんて本当に野球はわからない。そういえば、新クローザーとして安定感抜群の岩崎優もドラフト6位で、今や堂々たるエースの青柳晃洋もドラフト5位。下位指名からの叩き上げ選手のことは、なんとなく優しい目で見てしまう。

 チームが低迷しているときほど、こういう若い芽の成長はうれしいものだ。あとは大山悠輔、近本、佐藤輝明のドラ1野手トリオが、さすがの貫禄を見せつけてくれたら御の字なのだが。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?