エンゼルス大谷2戦連発8号に主砲も復活 相乗効果で「トラウタニ」さらなる爆発期待

公開日: 更新日:

 二刀流が本塁打の量産体制に入った。

 通算100号の大台に到達したばかりのエンゼルス・大谷翔平(27)が日本時間16日のアスレチックス戦で2戦連発となる8号決勝2ラン。今季最長の130メートル弾を放ち、ア・リーグ本塁打王争いで同僚ウォードらと並び、7位タイに浮上した。

 相手の先発右腕モンタスの約154キロの高め直球を捉えた快心の当たりにマドン監督は「モンタスから本塁打を打つ選手はあまりいない。彼(大谷)は完璧に捉えた」と絶賛し、「彼が今のような状態になり始めたら、(他球団は)要注意だ」と、さらなる本塁打量産に期待を寄せた。

 投打の主力に故障者が続出して孤軍奮闘を強いられた昨季とは異なり、今季は主砲トラウトが右ふくらはぎ痛から復帰した。トラウトは、ここまで打率.312、9本塁打、20打点と好調な打線をけん引。トラウト、大谷の2人が打線に名を連ねれば、相手バッテリーのマークが分散され、強打者2人へのメリットは大だ。実際、昨季、リーグトップの20個だった申告敬遠は今季ここまで3個。今季、メジャートップタイながら、トラウト(2個)と分け合い、昨季に比べれば相手バッテリーの警戒が緩んでいる(記録は16日現在)。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記