阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

捕手・山下和彦さんの信念「厳しい内角攻めでオレが打席でぶつけられても構わん」

公開日: 更新日:

 プロ1年目、1987年のオフのことだ。

 私は捕手の山下和彦さんに誘われて食事に出掛けた。晩飯をごちそうになり、その後、飲みに連れて行ってもらった。

 翌日は休み。遅くなったため、そのまま山下さんの自宅に泊めてもらうことになった。しばらくの間、いろいろな話をする中で、私は山下さんに水を向けた。

「投げやすいし、本当に助かるんですけど、あそこまで打者の内側に寄って構えなくても大丈夫ですよ」

 山下さんは私をリードする際、内角球を多く使った。特にブーマーをはじめ、石嶺和彦さん、松永浩美さんら、一発で仕留める強打者の並ぶ阪急戦では、自分の体を打者のほぼ真後ろに寄せて内角の厳しいボールを要求した。

 執拗に打者の内角を攻めると、制球ミスは死球につながる。同じ打者に何度もぶつければ、報復の対象になる。パ・リーグの投手は打席に立たないから、いきおい、内角を要求した捕手への投球が厳しくなる。私は執拗に内角を要求する山下さんが、打席で狙われることを心配したのだ。

「ミットだけでなく体ごと内側に寄って構えてもらえると、目標になって投げやすいんですが、自分も多少、自信が出てきましたし、きちんと内角に投げますから。むしろ山下さんがぶつけられたりしないか心配なんです……」

 すると山下さんは「いや、あそこ(阪急戦)は絶対、投げミスしたらアカンとこや。長打の多いチームやから」と、クビを振ってこう続けた。

「厳しい内角攻めによって、オレが打席で厳しい攻め方をされたとしても構わん。むしろ、体にかすったり、当たったりして、塁に出られるとすれば、ラッキーやないか」

体を張って投手をリードした

 山下さんは打線で言うと下位。自分は守備を評価されているという意識が強く、体も人一倍、頑丈だったとはいえ、特に強打者の並ぶ阪急戦では、自分がぶつけられて塁に出られるのなら儲けものと、私に内角球を要求した。体を張ったリードをするのが山下さんだった。

 この山下さんとウマが合うというか、極めて仲の良かったのが、ダブルヘッダー第1試合で追い上げの本塁打を含む3安打を放ち、転がりながら決勝のホームを踏んだ鈴木貴久さんだ。山下さんとは同じマンションに住んでいた。

 ロッテとのダブルヘッダーの前年の1987年から4年連続20本塁打をマークした長打力、優勝のかかった大一番で結果を出す勝負強さはもちろん、右翼手として肩が強く、打球判断がいい。抜けたと思った打球を飛び込んで捕球したり、私は何度も助けられた。

 北海道出身。スキーはインストラクターの資格を持っていたし、ゴルフもうまかった。あれは山下さんの自宅に泊まりにいったときのこと。同じマンションで階の異なる鈴木さんの自宅に挨拶をしに行ったか、迎えに行ったかは忘れたが、玄関のドアを開けて仰天した。=つづく

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記