マジョルカ劇的勝利で降格圏脱出! 久保建英の「レアル復帰」成否は最終節に

公開日: 更新日:

 日本代表FW久保建英(20)が所属するスペイン1部マジョルカが2部降格のピンチを脱した。降格ゾーン18位のマジョルカ(勝ち点33)は日本時間16日、ホームに12位ラージョを迎えた。この試合を落とし、同時刻キックオフの17位カディス(同35)が首位のレアル・マドリードを破れば、マジョルカの2部降格が確定する。

 マジョルカが1-0リードで迎えた後半15分に同点に追い付かれ、その4分後にベンチスタートの久保(写真)が交代出場。26分と40分にシュートを放つなど見せ場をつくった。もっとも窮地を救ったのは助っ人選手の久保ではなく、後半29分にピッチに登場したマジョルカ下部組織出身のFWアブドン(29)だった。

 後半アディショナルタイム2分。右サイドからのクロスをファーで待ち構え、ボールを冷静にトラップして左足でシュート! 値千金の決勝ゴールが、右サイドネットに吸い込まれていった。

 劇的勝利のマジョルカは、1-1で引き分けたカディスと勝ち点36で並び、直接対決の結果で順位が入れ替わり、最終節を前にマジョルカが降格ゾーンから脱出。降格決定と同時に「今オフのレアル復帰は100%なくなる」ともっぱらの久保もホッとひと息だろう。

 最終節の相手は9位オサスナ。キックオフは23日午前1時30分である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた