日本卓球男子に相次ぐドイツ留学…協会が抱える国内強化と海外移籍のジレンマ

公開日: 更新日:

 強化の根城はドイツだ。

 今年の全日本卓球男子シングルスで優勝したパリ五輪代表候補の戸上隼輔(20=世界ランク48位)がドイツ・ブンデスリーガ1部「オクセンハウゼン」と契約。Tリーグを離れ、活動拠点を海外へと移した。東京五輪でリザーブだった宇田幸矢(20=同26位)も今季からブンデス1部「ケーニヒスホーフェン」に所属。さらに「琉球アスティーダ」に籍を置く張本智和(18=同7位)もブンデス1部「ノイ・ウルム」に加入した。張本はあくまでも欧州チャンピオンズリーグへの限定的な参戦だから可能なのであって、Tリーグとシーズンの重なるブンデス1部は掛け持ち禁止。軸足をブンデスに置く戸上や宇田のTリーグ参戦はほとんど不可能だ。

 男子における欧州のトップはドイツ。これまでも多くの選手たちが武者修行の場にドイツを選び、水谷隼(32)が14歳で留学したのもドイツだった。水谷の場合、中学生だったこともあり、日本卓球協会が学校側との事前交渉などを支援。それが現在も続いているとなれば、国内強化の一方で海外移籍の支援をする矛盾も生じることになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!