アーセナルDF富安がマルチロールぶり発揮 ダービー完敗でも森保監督ニンマリの深層

公開日: 更新日:

 日本代表DF冨安健洋(23)が所属する英プレミアリーグの名門アーセナルが、欧州CL出場確定のチャンスを逃した。

 日本時間13日早朝開始のトッテナム戦。本拠地の近い「北ロンドン・ダービー」である。リーグ4位のアーセナルは同5位のトッテナムに勝てば「今季4位以内」が決まり、6季ぶりの欧州CL出場の悲願を達成する。

 しかし、前半33分の右CBホールディングの退場処分も響いて0-3の完敗劇となった。

 右SBを主戦場とする冨安は、アーセナル入りして2度目となる左SBで出場。味方CBの退場後は、アーセナルでは初のCBとしてプレー。さらに後半31分に左CBガブリエウが負傷退場すると「3DF」の一角としてプレー。完全負け試合にあって失点に関与することなく、ミスを犯すこともなく、DFラインなら「どこでもソツなくこなせる」マルチロールぶりを遺憾なく発揮。「これには森保日本代表監督もニンマリです」とサッカー関係者が続ける。

「日本代表で冨安は主将のサンプドリアDF吉田麻也(33)とCBのコンビを組んで守備網を統率している。アキレス腱となっているのが、35歳のベテラン左SB長友佑都(FC東京)のパフォーマンス低下です。長友を脅かす中堅や若手も育っておらず、指揮官も頭を悩ませているところだったが、アーセナルが冨安を複数ポジションで使い回してくれるおかげで代表でも左SBとして起用できるメドも立った」

 独2部シャルケの来季1部昇格の原動力となったDF板倉滉(25)が吉田とコンビを組んでSBは左に冨安、右に仏1部マルセイユで活躍した浦和DF酒井宏樹(32)が入る。これってなかなかの陣容ではないか──。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか