今季のメジャー「飛ばないボール」に強打者苦戦も…“投手”大谷翔平にはメリット大

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(27)が投打とも足踏みである。

■4勝目お預け、通算100本塁打足踏み

 日本時間12日のレイズ戦は投げては6回を2安打1失点。下位の打者に許した一発に泣き、4勝目(2敗)はお預け。打っては内野安打のみの1安打に終わり、あと1本と迫ったメジャー通算100本塁打達成は14日のアスレチックス戦以降に持ち越しとなった。

 大谷は昨季と比べて本塁打のペースが落ちている。639打席で46本塁打を放った昨季は約14打席に1本出た計算になるが、今季は139打席で6本。現時点では約23打席で1本にとどまっている。

 今季は飛ばないボールが使用されているとされ、実際、多くの強打者が「飛距離が出ない」と口を揃える。大谷も「個人的にも感じますし、見ている感じでも、データも出るので、どのくらいのスピードで飛んでるというのは分かるので、去年よりは飛ばないという印象はあるかなと思います」と話している。

 今季の最高飛距離は大谷の同僚であるトラウトの約144メートル。昨季、トップだったツインズ・サノの約150メートルと6メートルの差がある。大谷にしても昨季の約143メートルから128メートルまで下がっている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

  2. 2
    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

  3. 3
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  4. 4
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  5. 5
    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

  5. 10
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」