楽天連勝11で止まるも首位快走!安定感のキモは石井監督の「休ませ」と「対話」にあり

公開日: 更新日:

 楽天が強い。

 11日に連勝は11でストップ。12日のロッテ戦も敗れたものの、24勝8敗1分けでパ・リーグ首位を快走しているのだ(12日現在)。

 快進撃を支えているのは、安定感抜群のディフェンスだ。先発は4勝で防御率1.17の田中を筆頭に涌井、岸、早川がそれぞれ3勝ずつ。リリーフ陣は守護神・松井裕が防御率1.15、ブセニッツは0.93、宋は1.13。弓削も9戦連続無失点中で、安楽がすでに3勝をマークしている。チーム防御率はリーグ2位の2.48。86失点と5失策はともに12球団でダントツに少ない。いまだ逆転負けがない安定した試合運びは石井一久GM兼監督(48)によるところが大きいという。

 ヤクルトの元エースで楽天戦のテレビ解説も務める評論家の川崎憲次郎氏がこう言った。

「投手出身の石井監督は完投能力の高い先発陣を整備した上で、リリーフ陣を順番で休ませながら起用する野球を昨年からやりたがっていました。2年目の今年はそれができるようになってきた。中でも投手に関してはキャンプから田中や涌井といったベテランから若手に至るまで、常に誰かとコミュニケーションを取っていた。昔ながらの監督は選手との間に距離や壁がありますが、石井監督はそういうものを取っ払った。対話を大切にしながら、人心掌握をしようとしている。まさに今どきの監督です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も