カブス鈴木誠也は打撃急失速…「見逃し三振」急増の裏にメジャー審判の洗礼

公開日: 更新日:

 カブス・鈴木誠也(27)に陰りが出始めた。

 メジャー1年目の今季は開幕から好調で、4月は打率.279、出塁率.405、4本塁打、14打点。月間最優秀新人に選出されたが、ここにきて当たりが止まり、4月20日から5月5日までの14試合は打率.154、出塁率.235と低下した。

 デービッド・ロス監督は「相手バッテリーが十分に研究している」と話しているが、日本人ルーキーの失速はそれだけが原因なのか。

 鈴木はここまで27三振。そのうち見逃し三振は13個でナ・リーグトップだ(5日現在)。5日までの13試合に限れば、18三振のうち、8個が見逃し三振だ。打席で球を見極めるタイプとはいえ、まだメジャーのストライクゾーンに対応しきれていない可能性もある。だがそれ以上に考えられるのが、審判による「新人イジメ」だ。

 実際、これまでも多くの新人選手が洗礼を浴びてきた。日本人選手も例外ではなく、エンゼルス・大谷翔平(27)も渡米1年目の2018年に厳しい判定を目の当たりにしている。この年の大谷は3、4月に打率.341、4本塁打、12打点をマークして誠也同様、月間最優秀新人に選出された。投打の二刀流として順調なスタートを切ったが、三振数は4月の11個から5月には18個に増えた。際どいコースをストライクと判定されての見逃し三振も少なくなかった。

 ベテランのアンパイアほど、新人にメジャーの厳しさを実感させるために、ジャッジがシビアになるのは普通のことだ。

 鈴木は相手バッテリーだけでなく当分の間、主審のジャッジにも悩まされそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す