大谷翔平ガッツポーズ&ヘルメットぶん投げの波紋…メジャーで“感情爆発”は報復の対象に

公開日: 更新日:

 大谷翔平が二刀流の聖地で大暴れしたと、日米のメディアが騒いでいる。

 日本時間6日、元祖二刀流ベーブ・ルースの本拠地だったフェンウェイパークのレッドソックス戦で投げて3勝目、打って2安打1打点。投打にわたる活躍を敵地ボストンのメディアも絶賛したものの、気になったのが大谷の派手なガッツポーズであり大声だ。

 投げるたびに大きな声を上げ、打者を三振に打ち取るたびにこぶしを握りしめたり突き上げたり。それだけ気合が入って感情が高ぶるのだろうが、米球界で感情をあらわにするのは得策ではない。

 メジャーは家庭内暴力などで実刑を食らい、刑務所とマウンドを行ったり来たりの選手がいる一方、相手に対する礼節や敬意は日本球界以上に重んじる。

■最近はやたらと感情を爆発させるシーンが目立つが

 例えばこの日の大谷のような派手なガッツポーズはご法度。投手が打者を打ち取ったとき、打者が投手から本塁打を放ったときに感情を爆発させるのは、相手に敬意を払っていないとみなされる。本塁打を打ってすぐに走らなかったり、塁間をゆっくり走るのも同様だ。これらは「アンリトンルール」と呼ばれ、ルールブックに明記されていないとはいえ、報復の対象になる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に