リバプールが欧州CL優勝なら…放出有力のFW南野拓実に「来季も残留」の目

公開日: 更新日:

 欧州のクラブ王者を決める欧州CLの決勝進出チームが決まった。

 英プレミアのリバプールに続いてスペイン1部のレアル・マドリードが5日、英プレミアのマンチェスター・シティー相手に終了間際の2得点で延長戦に持ち込み、最後はエースFWベンゼマのPKで激戦を制し、決勝に駒を進めた。

 29日にパリで行われる決戦の組み合わせは「4年前の再現」。この時はレアルが3-1で勝利した。

 リバプールにとってはリベンジの好機となるが、そのリバプールで戦力外のボーダーライン上にいる日本代表FW南野拓実(27)にとっては、「決勝の試合結果が自身の今オフの去就にも大きく関わる。是が非でも勝って欲しいと両手を合わせているはず」とサッカー関係者がこう続ける。

「欧州CLは出場チームに対する賞金が他大会と比べてケタ違いです。出場した時点で20億円が支払われ、グループステージでは1試合当たりの勝利給が3.5億円、引き分けで1.2億円。決勝トーナメントに進めば12億円、準々決勝進出で14億円、準決勝進出で16億円が加算されて、決勝に勝利すると優勝賞金26億円が支給される。準優勝の場合は賞金18億円。この差額の8億円で南野の移籍金相場12億円の7割近くまかなえる計算となる。南野はリーグ戦の出場機会は少ないが、カップ戦では主力としてプレー。今季は公式戦に23試合出場で9得点、3アシストと上々の数字を残している。CL優勝賞金が入れば、リバプールもオフの補強費の原資として<南野の移籍金>を当てにしなくても済み、南野に残留の目が出てくるのです」

 そもそも南野はクロップ監督が気に入って引き抜いた選手だ。フロント幹部の来季構想には従わないといけないが、南野を貴重な戦力のひとりとして計算している。欧州CL制覇で実入りが増えれば、放出要員の有力候補の南野に「来季も残留」の可能性も出てくる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」