あまりにも大きい巨人・坂本勇人が抜けた穴…代役3人が「打率.181 三振10」の体たらく

公開日: 更新日:

 巨人が5日の広島戦で開幕35試合目にして今季初の零敗。わずか1安打と打線が沈黙し、「いい投手戦でしたけどね。こっちが0点じゃ、いかんですね」と原監督もお手上げの体だった。

「勇人がいないと打線は苦しい」というチーム関係者の言葉を借りるまでもなく、1日に右膝内側側副靭帯損傷で登録抹消された坂本勇人(33)の穴はやはり大きい。

 この日は「2番・遊撃」に広岡大志(25)が入ったものの、3打数無安打。守っては、五回1死一塁で二塁に悪送球し、相手に先制点を献上するきっかけをつくった。3日の初回6失点も広岡のエラーからだった。

 今季、坂本がスタメンを外れた試合はこの日を含めて7試合。代役には広岡、若林晃弘(28)、湯浅大(22)が指名されているが、3人合わせて計22打数4安打の打率.181。10三振とチームの足を引っ張っている。

 大黒柱の坂本は今年12月で34歳。年々、故障が増えている。何年も前から「ポスト坂本」の育成がチームの課題になっているものの、そのメドすら立たない状態が続いているのが現状だ。

 坂本に加え、エースの菅野智之も登録抹消中。原監督は、スポーツ報知の取材に「帰ってきても居場所がないぐらいのチームになると一番ベストだよね」と答えているが、理想と現実の間には余りに大きなギャップが横たわっている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!