プーチン大統領の“薬物疑惑”ワリエワ擁護に冷たい目…スポーツ界「ロシア排除」は加速する

公開日: 更新日:

 まともに聞くことはできない。

 ロシアのプーチン大統領は26日、モスクワで行われた北京五輪メダリストの表彰式で、ドーピング疑惑に揺れたフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(16)について「フィギュアを真の芸術レベルまで高めた」と称賛し、「彼女の演技は禁止薬物の力を借りたものではない」と擁護した。ワリエワは個人戦4位も、団体戦暫定1位の成績で出席したのだが、勲章を授与したプーチンは、スポーツ界の「目」がわかっているのだろうか。

 ロシアにおける国家ぐるみのドーピング問題が発覚したのは2014年。禁止薬物を使用した選手の検体すり替えや検査データの改ざんなどが頻繁に行われていた事実に世界は唖然とした。

 世界反ドーピング機関は22年12月まで、ロシア選手の主要国際大会の参加を禁止した。今はドーピングに無縁の者のみ、ロシア五輪委員会(ROC)などの個人選手としての出場が認められている。ところが、制裁を受けている最中も、フィギュアのワリエワだけでなく、東京五輪でも男子トライアスロン選手がドーピング違反で失格になった。スポーツライターの津田俊樹氏(国士舘大学非常勤講師)が言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?