阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

メジャーの本塁打王オグリビーがはしゃぎながら浴槽で泳ぎ出した理由

公開日: 更新日:

 ダブルヘッダー2試合目の六回、同点に追い付く適時打を放ったベン・オグリビーは、メジャーで本塁打王を獲得したバリバリの大リーガーだ。パナマ出身で母国では「英雄」と呼ばれていたという。

「10.19」の前年の1987年から2年間、近鉄で活躍。すでにベテランの域に達していたとはいえ、プレーで手を抜くようなことはない。常に全力。体のケアも入念にやっていて、日本に来て湯船にゆっくりとつかって疲れを取ることを覚えたようだ。

 私が完投したある日の試合後のこと。アイシングやマッサージなど体の手入れをしていると、どうしても帰りが遅くなる。その日、藤井寺球場の大浴場に行ったのも最後だった。

 するとオグリビーがひとりで湯船につかっていた。

「遅くまでいるんだね」と声を掛け、横に並ぶようにして浴槽に入ったとたん、彼がパッと外に出た。

「なんだよ、もう出るのかよ」と言うと、「オレが入っていてもいいのか?」と聞いてきた。

少年のような笑顔ではしゃぎながらバシャバシャと

 思い返せば、オグリビーが湯船に入っているのはたいてい、だれもいないときだったような気がする。察するにメジャーの本塁打王も人種の壁に苦労してきたのかもしれない。

「何言ってるんだ。当たり前じゃないか。いいんだよ、一緒で」

 こう答え、「きょうの試合はどうだった?」と片言の英語で水を向けると、急にテンションが高くなり、実にうれしそうな表情を浮かべた。それから少し野球の話を続けると、「オレが泳げるの知ってる?」と、いきなり浴槽の中でバシャバシャと音を立てて泳ぎ出したのだ。

 球場によって浴槽の大きさはさまざまだが、藤井寺球場のそれはどちらかといえば大きい方。8メートル四方くらいで、泳ごうと思えば泳げないこともなかった。まるで少年に返ったような笑顔ではしゃぎながら、浴槽を泳いでいたオグリビーの表情は忘れられない。

 このオグリビーの貴重な適時打で同点に追い付いた近鉄の勢いは止まらない。

 続く七回には当時のチームを象徴するような攻撃が生まれた。

 1死後、三塁手の吹石徳一さんが左翼へ勝ち越しの本塁打を放つと、2死から遊撃手の真喜志康永さんが右へソロ本塁打をかっ飛ばしたのだ。

 吹石さんが今季2本目の一発なら、真喜志さんは3本目。どちらかといえば堅実な守備を評価されていた2人にシーズンの最後も最後、優勝のかかった試合で本塁打が飛び出したから、ベンチもスタンドも大騒ぎ。2人はナインから手荒い祝福を受けた。 (つづく)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に